「 金運アップ 」一覧

金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.2

2018年の初詣!
金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.2

前回、365段の大門まで到達しましたので、今回はいよいよ「境内」へと突入します!

金刀比羅宮18_07

ここからが金刀比羅宮参拝のメインとなりますが、本殿まではまだまだ遠い。

金刀比羅宮18_09

お正月という事で、大門には門松が飾られていました。

金刀比羅宮18_10

金刀比羅宮の境内に突入。

大門をくぐると、いつも通り五人百姓が飴を販売しています。

今回は、4人しかいませんでしたが・・・(汗)

金刀比羅宮18_11

石畳を歩いていきますが、境内に入って最初の石畳には桜並木となっています。

桜の時期に来ると最高ですよ!

金刀比羅宮18_12

桜並木は石畳から最初の階段まで続きます。

金刀比羅宮18_14

階段を登りきると、ちょっと開けた休憩場所があり、ご神木とその周りにお正月限定で大きな絵馬が建てられています。

ここには、皆さん思い思いの願いを自由に書き込むことが出来ますよ。

金刀比羅宮18_15

そして休憩所の奥には馬舎があり、神馬「月琴号」がいました。

金刀比羅宮18_16

トイレ休憩を終えたら再び出発!

金刀比羅宮18_17

いきなり階段ですが、まだまだ続くので思い切ってスタートしちゃいましょう。

金刀比羅宮18_18

階段を上ると御書院がありますが、その入り口には「2018年」と円山応挙の絵が宣伝されています。

金刀比羅宮18_19

御書院内部の五間に描かれた円山応挙による障壁画があり、もちろん重要文化財に指定されています。

 

Part.2は、ここまで。

次回、「金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.3」(1月17日更新予定)に続きます。


金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.1

全国でも有名な四国のパワースポットと言えば、
「こんぴらさん」こと「金刀比羅宮」(ことひらぐう)ですね。

こんぴらさんと言えば、海上安全をはじめ、国の繁栄や農漁業、医療など、さまざまな願いを叶えてくれる神社として広く親しまれていますが、神紋が「金に〇」というところから、金運や商売繁盛の神様としても有名で、全国から年間300万人もの参拝客が訪れています。
この香川県屈指のパワースポットでJNAS会員の皆様の御多幸と高額当選を願い、金刀比羅宮への初詣を実施致しました。

2018年はジェナス18周年に当たる年となるため、金刀比羅宮参拝を実施しました。

それでは、こんぴらさん初詣2018のスタートです!

金刀比羅宮18_01

初詣に訪れたのは2018年1月5日、大安吉日。

午前中は雨が降っていたのですが、ちょうど初詣スタートのお昼頃にはタイミングよく雨が上がり、じぇーナスの晴れ男っぷりを見せる事となります!

金刀比羅宮18_02

こんぴらさん参拝のスタートはこちらの階段から!

いざ785段の階段を登ります!

金刀比羅宮18_03

午前中の雨もあり、参道は人も少なめで比較的上りやすかったです。

金刀比羅宮18_04

実は登り始めが結構キツイ!?

運動不足の体が目覚めるまで、こんぴらさん参拝は最初の100段頃が一番つらいような気がしました。

金刀比羅宮18_06

金刀比羅宮境内はまだまだ遠し、参道途中のお店を物色しつつも頑張って石段を登ります。

金刀比羅宮18_07

ようやくたどり着いた場所が、金刀比羅宮「境内」への入り口となる「大門」

これまで登ってきた石段は金刀比羅宮の参道です。境内はこの大門から先。

最初の峠まで到達し、まずはホット一息です。

金刀比羅宮18_08

大門の前から登ってきた階段を振り返るとなかなかの見晴らし。

雨上がりの風景も一興です。

 

Part.1は、ここまで。

次回、「金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.2」(1月16日更新予定)に続きます。


金運・勝運のパワースポット、金神社参拝(2017.1.2) その2

金運・勝運のパワースポット、金神社参拝(2017.1.2)その2

金神社

 

2017.1.2に初詣に訪れた岐阜県屈指の金運パワースポット「金神社」。

その1で本殿にお参りをしましたので、続いて本殿の真横にある「金祥稲荷神社」にも参拝してきました。

金神社_16

金神社_17

金神社_18

 

金祥稲荷神社は古来金運と商売繁盛には霊験あらたかな神様として深い信仰と崇敬とを寄せらせております。

金祥とは財宝(お金)を生み給うて、その御恵をお与え下さることを祥ぶ(よろこぶ)という意味であります。

 

参拝が終了したところで、今回のグリーンジャンボ特別企画の御守りを購入。

ついでに、JNAS宝くじ神社に祭るお札も購入してきました。

金守

グリーンジャンボ宝くじ2017特別企画用、金神社オリジナル金運・勝運の御守り「金守」

金神社_19

金神社御札「特別金神符」

 

さて、何故「金神社」の初詣を実施したかと言いますと、

第一に、2017年は「織田信長公 岐阜入城・岐阜命名450年」という事だからです!

戦国武将・織田信長は、1567年に岐阜を本拠地とし、この地を「井口(いのくち)」から「岐阜」に改めました。それから450年を迎え、2017年は岐阜県で織田信長にちなんだ一大プロジェクトが進行しています!

信長公450

信長公450プロジェクトホームページ

2017年は、岐阜の年!戦国乱世の風雲児、織田信長公にあやかり高額当選下剋上を成し遂げましょう!

織田信長公

JR岐阜駅の北口前広場には岐阜姿勢120周年を記念し、2009年9月26日に黄金の信長像が建立されました。像は金箔3層張りとなっており、右手には鉄砲(種子島)、左手には兜を持っています。

 

第二の理由は、じぇーナスの親族が岐阜に住んでおり、毎年帰省しているので・・・(笑)


金運・勝運のパワースポット、金神社参拝(2017.1.2) その1

金運・勝運のパワースポット、金神社参拝(2017.1.2)その1

金神社

岐阜県岐阜市の中心に位置し、古くから金運・財運・勝運にご利益があるとされる事で有名な神社が「金神社」。祭神は金大神(こがねのおおかみ)を主祭神に、渟熨斗姫命(ぬのしひめのみこと)、市隼雄命(いちはやおのみこと)、五十瓊敷入彦命、日葉酢姫命の4柱を祀るが、一説に渟熨斗姫命を金大神と称すとも、渟熨斗姫命以下4柱の総称が金大神であるともいう。
この岐阜県屈指の金運パワースポットでJNAS会員の皆様の御多幸と高額当選を願い、金神社への初詣を実施致しました。

金神社_04

金神社_05

金神社と言えば、金色に輝く金神社の大鳥居が有名ですが、この大鳥居は2015年11月に金色の塗装がされました。実は、それ以前はこげ茶色の鳥居だでした。
黄金に塗装後、黄金の鳥居が有名となり、参拝客が増加したようです。

金神社_08

 

境内は、2017年の初詣客で大混雑していました。もちろん参拝待ちの長い行列もできていました。

金神社_10

金神社_11

参拝前にまずは手水舎で手と口を洗います。

金神社_09

金神社_13

参拝に行ったのはちょうどお昼前。参拝客が一番多い時間帯でしたので、参拝までに15分くらい行列に並びました。

金神社_14

金神社_15

金神社由緒

金神社は古来より産業繁栄、財宝・金運招福、商売繁盛の御神徳あらたかな神として、篤い信仰を集めており、御鎮座の年代は遠く昔、成務天皇の御代(西暦135年)に 物部臣賀夫城命が国府をこの地に定め篤く金大神を崇敬されたと伝えられる。
当神社の主祭神渟熨斗姫命は、景行天皇の第六皇女で伊奈波神社の主祭神五十瓊敷入彦命の妃である。
伊奈波神社に伝わる縁起によれば、五十瓊敷入彦命は朝廷の詔を受け奥州を平定したが、その成功を妬んだ陸奥守豊益は一足先、都に戻り謀反の心ありと報告したため朝敵とされこの地に至り討滅された。夫の死を聞いた渟熨斗姫命は深い悲しみの中、都を発ち御跡を慕ってこの地を訪れ、夫の御霊を慰めつつ生涯を終えられた。その間命は地域住民を母の如く労り、私財を使い町を開拓され産業・農業の発展に寄与され、後に岐阜の街の基盤となった。
慈悲深い命の功績を慕い人々が集まり財をもたらす神として信仰されるようになり、この地に金大神と称され祀られた。
(金神社公式HP参照)

2017年のスタートに相応しい、金運アップの神様を祭る金神社への初詣で、今年一年ジェナス会員様にご利益が訪れる事と思います。

その2に続く、、、