「 金運アップ 」一覧

金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.5

2018年の初詣!
金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.5

前回、785段の階段を上り切り、ようやく本宮での参拝を行いましたが、今回はその後のお楽しみです。

 

金刀比羅宮18_35

実は、ご本宮には抜け道があります。

正面から見るとわからないのですが、上の写真の本宮側面にある白い看板の場所がその抜け道。

金刀比羅宮18_40

大きく「この下通り抜けできます」と書かれており、中を覗いてみると。

金刀比羅宮18_41

天井が低いのですが、通路になっており、反対側へと移動することが出来ます。

では、「何故こんな通路がるのか?」そう思ったと思います。

 

答えは、そのまま「反対側に移動するため」です!

この通路が最大の効果をもたらすのが、大晦日から1月3日頃まで。

こんぴらさんでは、年末年始の参拝は人がごった返すため、本宮の左右に移動するのは至難の業となります。

それでなくても、本宮の正面にはすぐ「御前四段坂」があり、下手すると人が階段から雪崩落ちる可能性もあり、とても危険です。

その為、本宮下の通路から左右に移動できるようにしてあるのです。

 

 

本宮横には御札等の販売所があります。

もちろんおみくじも!

という事で、戌年最初のおみくじはこんぴら名物「開運こんぴら狗みくじ」

金刀比羅宮18_43

大・小のこんぴら狗の背中におみくじが詰まってるので、お賽銭100円を入れて引いてみました。

金刀比羅宮18_42

結果は、、、大吉!

見事一発で引き当てました!

高額当選の予感がしてきました!

金刀比羅宮18_38

本宮横からは、讃岐平野が見渡せます。

金刀比羅宮18_39

雨も上がり、ゆっくり天気が回復してきていますので、ちょっとぼんやりした景色ですが、晴れた日は遠くを見渡すことが出来ますよ。

 

これで、2018年の初詣はしゅうりょうです。

それでは皆様、
2018年も、
ジェナスを宜しくお願い致しますm(_ _)m


金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.4

2018年の初詣!
金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.4

前回、御書院から旭社までを紹介しました。

 

今回は、ようやくメインイベントの御本宮、参拝です!

金刀比羅宮18_24

旭社から左に向かって順路を歩いていきます。

金刀比羅宮18_25

鳥居をくぐると賢木門があり、闇峠への入り口みたいな感じになっています。

金刀比羅宮18_26

そして、金刀比羅宮参拝の上り順路で唯一の下り階段が1段だけあります。

それがこの場所。上の写真で白い服の女性がちょうど一段降りているところです。

御本宮までの石段は785段といわれていますが、実は、「上がる」石段は786段あります。つまり、ここで1段下がることにより、786-1=785段と なります。一説によると、786の「な・や・む」と読める語呂を忌み嫌い、一段下げて785段にしたといわれますが、定かではありません。

金刀比羅宮18_27

本宮手前には手水舎があります。

金刀比羅宮18_28

皆さんこちらで、手と口を清めていますが、水が冷たい!

金刀比羅宮18_29

さて、お待ちかね!

本宮に至る最後の最難関、「御前四段坂」と呼ばれる、金刀比羅宮参拝で最強の階段を上っていきます!

金刀比羅宮18_30

本宮前に最強で最恐の階段を持ってくるあたりがこんぴらさんの良いところ?

足元を滑らせると一気に下まで転げ落ちる恐怖と闘いながら本宮を目指します。

金刀比羅宮18_31

ようやく本宮の頭が見えてきました!

金刀比羅宮18_33

登り切った先は、ついに本宮に到達しました!

ここまで全785段の石段です。海抜は251メートルです。

金刀比羅宮18_34

ようやく到達した金刀比羅宮、ご本宮。

ジェナス会員様並びにご家族の方の御多幸と高額当選を願い初詣致しました。

参拝を終え、ひとまず小休憩ですね。

 

Part.4は、ここまで。

次回、「金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.5」(1月20日更新予定)に続きます。


金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.3

2018年の初詣!
金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.3

前回、金刀比羅宮の境内突入から御書院までを紹介しました。

今回は御書院からの道中となります。

金刀比羅宮18_20

御書院正面の順路を再び歩き始め、こんぴらさん参拝継続です。

金刀比羅宮18_21

延々と続くのぼり階段。登っても登ってもキリがない・・・って思うほど登ります。

金刀比羅宮18_22

御書院から次の平地までが参道でも一番階段が続く場所となります。

金刀比羅宮18_23

嫌というほど階段を上っていくとようやく何やら建物が表れてきました。

金刀比羅宮18_24

このひと際荘厳な作りの建物は、旭社です。

金刀比羅宮18_44

金刀比羅宮の旭社は総欅材、2層入母屋造銅瓦葺きで、1837(天保8)年に建てられた重要文化財です。

金刀比羅宮18_45

天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)や伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ)、八百萬神(やおよろずのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)、天津神(あまつかみ)、国津神(くにつかみ)など9神が祀られています。

金刀比羅宮18_46

前回の御書院といい、この旭社といい、重要文化財の盛り合わせですね。

さすが全国にある金刀比羅神社の総本山!

 

Part.3は、ここまで。

次回、「金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.4」(1月18日更新予定)に続きます。


金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.2

2018年の初詣!
金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.2

前回、365段の大門まで到達しましたので、今回はいよいよ「境内」へと突入します!

金刀比羅宮18_07

ここからが金刀比羅宮参拝のメインとなりますが、本殿まではまだまだ遠い。

金刀比羅宮18_09

お正月という事で、大門には門松が飾られていました。

金刀比羅宮18_10

金刀比羅宮の境内に突入。

大門をくぐると、いつも通り五人百姓が飴を販売しています。

今回は、4人しかいませんでしたが・・・(汗)

金刀比羅宮18_11

石畳を歩いていきますが、境内に入って最初の石畳には桜並木となっています。

桜の時期に来ると最高ですよ!

金刀比羅宮18_12

桜並木は石畳から最初の階段まで続きます。

金刀比羅宮18_14

階段を登りきると、ちょっと開けた休憩場所があり、ご神木とその周りにお正月限定で大きな絵馬が建てられています。

ここには、皆さん思い思いの願いを自由に書き込むことが出来ますよ。

金刀比羅宮18_15

そして休憩所の奥には馬舎があり、神馬「月琴号」がいました。

金刀比羅宮18_16

トイレ休憩を終えたら再び出発!

金刀比羅宮18_17

いきなり階段ですが、まだまだ続くので思い切ってスタートしちゃいましょう。

金刀比羅宮18_18

階段を上ると御書院がありますが、その入り口には「2018年」と円山応挙の絵が宣伝されています。

金刀比羅宮18_19

御書院内部の五間に描かれた円山応挙による障壁画があり、もちろん重要文化財に指定されています。

 

Part.2は、ここまで。

次回、「金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.3」(1月17日更新予定)に続きます。


金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.1

全国でも有名な四国のパワースポットと言えば、
「こんぴらさん」こと「金刀比羅宮」(ことひらぐう)ですね。

こんぴらさんと言えば、海上安全をはじめ、国の繁栄や農漁業、医療など、さまざまな願いを叶えてくれる神社として広く親しまれていますが、神紋が「金に〇」というところから、金運や商売繁盛の神様としても有名で、全国から年間300万人もの参拝客が訪れています。
この香川県屈指のパワースポットでJNAS会員の皆様の御多幸と高額当選を願い、金刀比羅宮への初詣を実施致しました。

2018年はジェナス18周年に当たる年となるため、金刀比羅宮参拝を実施しました。

それでは、こんぴらさん初詣2018のスタートです!

金刀比羅宮18_01

初詣に訪れたのは2018年1月5日、大安吉日。

午前中は雨が降っていたのですが、ちょうど初詣スタートのお昼頃にはタイミングよく雨が上がり、じぇーナスの晴れ男っぷりを見せる事となります!

金刀比羅宮18_02

こんぴらさん参拝のスタートはこちらの階段から!

いざ785段の階段を登ります!

金刀比羅宮18_03

午前中の雨もあり、参道は人も少なめで比較的上りやすかったです。

金刀比羅宮18_04

実は登り始めが結構キツイ!?

運動不足の体が目覚めるまで、こんぴらさん参拝は最初の100段頃が一番つらいような気がしました。

金刀比羅宮18_06

金刀比羅宮境内はまだまだ遠し、参道途中のお店を物色しつつも頑張って石段を登ります。

金刀比羅宮18_07

ようやくたどり着いた場所が、金刀比羅宮「境内」への入り口となる「大門」

これまで登ってきた石段は金刀比羅宮の参道です。境内はこの大門から先。

最初の峠まで到達し、まずはホット一息です。

金刀比羅宮18_08

大門の前から登ってきた階段を振り返るとなかなかの見晴らし。

雨上がりの風景も一興です。

 

Part.1は、ここまで。

次回、「金運アップ!金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年初詣)Part.2」(1月16日更新予定)に続きます。