「 七五三 」一覧

11月15日と言えば、「七五三」

11月15日と言えば、「七五三」ですね。

ご存知の通り、七五三と言えば7歳、5歳、4歳の子供の成長を祝う日本の年中行事ですね。

本来、11月15日に七五三が行われていましたが、最近では特に11月15日に関係なく11月の中旬で行われています。

先週、今週の土日を利用して各地で「七五三」に行かれる家庭も多いのではないでしょうか?

 

しかし、この「七五三」というイベントがいつごろから始まったのか等、あまり知らないので、簡単に調べてみました。

由来

天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まった。 -wikipedia

調べてみるとこの徳松は身体が弱かったようで、無病息災を願い行った袴着の儀が現代まで続く子供の成長を願う儀式として全国に広まったようです。

 

七五三に出かけると、神社で家族写真を撮る光景をよく見ますが、子供の手には「千歳飴」が握られてますね。

千歳飴という名称は、「長生き」の意味と共に、紅白で着色され、鶴亀・松竹梅の絵が袋に入れられていますので、縁起物として七五三には欠かせません。

 

ただし、この千歳飴には細心の注意が必要です!

子供が勝手に食べだすと長いままの飴にそのまましゃぶりつき、途中で飽きて放り投げる事になり、いろいろ大惨事となりますので、子供に与えるときはきちんと小さく切り分けてあげましょう!