「 確定申告 」一覧

皆さん、確定申告はお済ですか?

皆さん、確定申告はお済ですか!

今年の確定申告の期間は2月16日~3月15日まで。
対象の方は忘れずに確定申告を行ってくださいね。

でも、サラリーマンの場合は源泉徴収されているので年末調整で済んでしまうので、確定申告の必要がありませんね。そのため、社会人でも多くの方が確定申告をした事が無いのではないでしょうか?

しかし、サラリーマンでも年収が2000万円を超えている方や、給与以外の一時所得が20万円以上あった方、退職されて年末調整を受けていない人等は確定申告の必要がありますので、お忘れの無いように行ってください。

ちなみに、宝くじの当選金についてですが、こちらは通常非課税です。
そのため、当選金についてはまるまる受け取ることが出来ます。

しかし、グループ購入の際には注意が必要です。

グループで共同購入した宝くじが当選し、だれか一人が代表で換金して分配した場合は、その分配額がひとり110万円以上になるような場合は、受け取った人に贈与税が課税されてしまいます!

特に1等など高額当選した場合は、高い確率で一人110万円以上の分配となるはずで、一定額を超えると最高税率の50%が税金で持って行かれる可能性もあります。

では、グループ購入時の高額当選分配金を非課税にするには、、、当選金受け取りの際には購入者全員でみずほ銀行に行き、「宝くじ高額当選証明書」を発行してもらいましょう。
もちろん、証明書にはグループ全員の名前を入れてもらいましょう。

なかなか当たらない高額当選ですが、予備知識を知らないとビックリするような税金を取られてしまうので要注意です。


宝くじの高額当選は確定申告が必要?≪2016年分の確定申告開始≫

今日から2016年分の確定申告の受付が始まりました!

期間は本日2月16日~3月15日まで。
対象の方は忘れずに確定申告を行ってくださいね。

対象者は、サラリーマンでも年収が2000万円を超えている方や、給与以外の一時所得が20万円以上あった方、退職されて年末調整を受けていない人等は確定申告の必要がありますので、お忘れの無いように行ってください。

 

では、気になる宝くじの当選金についてですが、こちらは通常非課税です。
そのため、当選金についてはまるまる受け取ることが出来、非課税なので税金を納める必要がありません。

 

では、「通常」と書いたのは、税金を納める必要が”ある”場合もあるからです。

 

それは、グループ購入で高額当選をした人。

グループで共同購入した宝くじが当選し、だれか一人が代表で換金して分配した場合は、その分配額がひとり110万円以上になるような場合は、受け取った人に贈与税が課税されてしまいます!

特に1等など高額当選した場合は、高い確率で一人110万円以上の分配となるはずで、一定額を超えると最高税率の50%が税金で持って行かれる可能性もあります。

では、グループ購入時の高額当選分配金を非課税にするには、、、当選金受け取りの際には購入者全員でみずほ銀行に行き、「宝くじ高額当選証明書」を発行してもらいましょう。
もちろん、証明書にはグループ全員の名前を入れてもらいましょう。

 

なかなか当たらない宝くじですが、もしグループ購入で高額当選された場合、予備知識を知らないとビックリするような税金を取られてしまうので要注意です。